活動カレンダー

HOME > 活動カレンダー

2016年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


6月25日 第1回班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「FOP多施設研究の進捗状況」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
  • 昼休みに患者会との交流会を開催
10月24-26日 ボストンでFOP関連の会議が開催される。

  • 24-25日にFOP Drug Development Forumが開催され、研究班より
    芳賀、片桐が参加した。
  • 26日にInternational Executive Council on the Clinical Care and
    Treatment of FOPが開催され、芳賀が参加した。
11月26日 第2回班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「FOPにおける多施設共同研究の成果」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
11月26日 平成28年度 進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究報告会・J-FOP患者家族交流会が東京大学で開催される。研究報告の内容は、以下の通り。

  • 「9年間の研究班活動の全体像」
     東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦、中原康雄
  • 「FOP患者さんにおける口腔マネージメント」
     東京大学医学部附属病院顎口腔外科・歯科矯正歯科
    佐々木珠乃、藤原夕子、須佐美隆史
  • 「FOPにおけるADLとQOL」
     東京大学リハビリテーション科 中原康雄、芳賀信彦
  • 「FOPの創薬に向けた取り組み」
     埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
  • 「iPS細胞を用いたFOPに対する創薬研究」
     京都大学iPS細胞研究所 戸口田淳也
ページトップへ

2015年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


6月20日 第1回班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症(FOP)早期診断の鍵となる身体所見・X線所見」
    名古屋大学医学系研究科運動形態外科学 鬼頭浩史
11月30日 第2回班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症:多施設共同研究の進捗状況」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
ページトップへ

2014年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2014年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
6月14日 第1回班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症・多施設共同研究の現状と今後」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
11月20日 FOP Registry Advisory Board Meeting(米国ボストン)に芳賀信彦が参加。

  • 国際的な患者登録システムの構築について意見交換を行った。
11月21-22日 FOP Drug Development Forum(米国ボストン)に芳賀信彦、片桐岳信が参加。

  • 口演「Establishment of Experimental Models for Chondrogenesis
    Induced by Mutant ALK2」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
11月30日 第2班会議(東京医科歯科大学)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症-多施設共同研究の進捗状況-」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
ページトップへ

2013年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


6月7日 平成25年度第1回FOP研究班ミーティング(東京大学病院)を開催

  • 研究斑活動に関する話し合いとFOPまたはその可能性のある患者さんに関する検討を行った。
6月8日 第1班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「遺伝子診断にて明らかとなったFOP variantの2症例」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
  • 口演「遅発性FOPで見出されたALK2の活性化機構」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
  • 口演「Growth Spurtと学童期FOPの背部骨化の進行」
    北九州市立八幡病院小児救急センター 神薗淳司、他
  • 口演「進行性骨化性線維異形成症における特徴的なレントゲン所見」
    名古屋大学医学系研究科運動形態外科学 鬼頭浩史・三島健一
8月10日 研究班報告会(東京大学病院)が開催される。(プログラムはこちら

  • 患者・家族側では、20家族(患者さんご自身の参加は10名)、
    ヘルパーや通訳さんを含めて全部で47名が参加した。
11月30日 第2班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症の病態モデル」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
  • 口演「FOPに対するマレイン酸ペルヘキシリンの使用経験」
    名古屋大学医学系研究科運動形態外科学 鬼頭浩史
  • 口演「成長曲線からみたFOP学童期背部骨化の進展」
    北九州市立八幡病院小児科 神薗淳司
  • 口演「進行性骨化性線維異形成症の研究班報告会実施と臨床データベース構築」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦、他
11月30日 平成25年度第1回FOP研究班ミーティング(慶應義塾大学病院)を開催

  • 研究斑活動に関する話し合いと翌年度以降の研究班体制に関する
    検討を行った。
ページトップへ

2012年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2012年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
6月22日 平成24年度第1回FOP研究斑ミーティング(東京大学病院)を開催

  • 研究斑活動に関する話し合いとFOPまたはその可能性のある患者さんに関する検討を行った。
6月23日 第1回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症の評価モデルの構築」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
12月1日 第1回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「FOPの解析から明らかとなった新しいBMP受容体の活性化機構」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 大手聡
ページトップへ

2011年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2011年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
6月25日 第1回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 都合によりFOP関係の口演はなし
11月4日 平成23年度第1回FOP研究斑ミーティング(東京大学病院)を開催

  • 研究斑活動に関する話し合いとFOPまたはその可能性のある患者さんに関する検討を行った。
11月5日 第2回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「FOPで筋再生によって誘発される異所性骨化のメカニズム」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信
  • 口演「FOP患者のADLとQOL」
    東京大学リハビリテーション医学 芳賀信彦
  • 口演「中国で発表された進行性骨化性線維異形成症の症例報告レビュー」
    東京大学リハビリテーション医学 焦爽 他
ページトップへ

2010年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2010年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
5月15日 第1回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「進行性骨化性線維異形成症研究の現状」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀信彦
11月6日 第2回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「FOP研究における国内外の進捗状況」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐岳信 他
1月6日 FOP口腔ケアハンドブックを当ホームページに掲載
ページトップへ

2009年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2009年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
5月30日 予定されていた第1回班会議(慶應大学・東京・信濃町)が新型インフルエンザの影響で中止となったため、東京大学においてFOP研究班単独での会議を開催した。
11月7日 「脊柱靭帯骨化症に関する調査研究班」会議(慶應大学・東京・信濃町)が開催される。

  • 口演「FOPの治療を目指したBMPシグナル抑制機構の解析」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 福田 亨 他
  • 口演「薬効スクリーニング法を用いたFOPにおける骨化抑制薬の同定」
    名古屋大学整形外科 山本 隆一郎、鬼頭 浩史
  • 口演「FOPにおける医療と教育の連携」
    東京大学リハビリテーション科 芳賀 信彦 他
  • 口演「FOPの親子例」
    名古屋大学整形外科 鬼頭 浩史
  • 口演「進行性骨化性線維異形成症(FOP)患者に対する全身麻酔下での抜歯経験」
    東京大学口腔外科歯科矯正歯科 森 良之、須佐美 隆史 他
  • 口演「FOPの足部変形の特徴」
    九州大学整形外科 中島 康晴 他
ページトップへ

2008年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2008年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
6月14日 第1回班会議(東京・信濃町)が開催される。

  • セッション「進行性骨化性線維異形成症(FOP)研究の現況」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐 岳信
    PDFファイル報告書はこちら(PDF:1.42MB)
10月20日 第2回班会議(東京大学)が開催される。

  • 口演「FOP患者に生じる二次的外傷とその予防策」
    東京大学リハビリテーション部 芳賀 信彦
    PDFファイル報告書はこちら(PDF:672KB)
  • 口演「国内のFOP患者で同定された新しいALK2変異の生化学的解析」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター病態生理部門 片桐 岳信
    PDFファイル報告書はこちら(PDF:1.52MB)
  • 口演「FOPに対する薬効スクリーニング-Ca Blockerの骨形成抑制効果について」
    名古屋大学整形外科 山本 隆一郎、鬼頭 浩史
ページトップへ

2007年度

研究班としての主な活動の履歴と予定です。研究発表などは、こちらをご覧下さい。


4月 2007年度の研究班員が決まる。(班員名簿はこちら
7月13日 第1回班会議(東京・品川)が開催される。

  • セミナー1「進行性骨化性線維異形成症(FOP)臨床研究のレビュー」
    立正佼成病院整形外科 真鍋 典世
    PDFファイル報告書はこちら(PDF:576KB)
  • セミナー2「進行性骨化性線維異形成症(FOP)に関する基礎研究の進歩」
    埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 片桐 岳信
    PDFファイル報告書はこちら(PDF:803KB)
7月19日 FOP患者会(大阪)にて研究班の概要を説明
8月16日〜19日 第4回国際FOPシンポジウム(米国・オーランド)に研究班員2名が参加
10月20日 第2回班会議(東京大学)が開催される。

  • セミナー 「小児科医からみたFOP」
    北九州市立八幡病院小児救急センター 神薗 淳司
ページトップへ
  • FOPとは?
  • 研究班の概要
  • 班員名簿
  • 活動カレンダー
  • Newsletter
  • 研究成果リスト
  • 代表的な研究成果
  • 診療指針など
  • 研究協力のお願い
  • お問合せとリンク
  • HOME